おじき木人拳

menu

このサイトはわたしが主に90年代の思い出をメモしていくだけのサイトです。
くわしくはこちら
過去を振り返ってばかりなので読んでも得はないです。

最新の記事

8. Redd Kross – Phaseshifter

前作『Third Eye』のキラキラパワー・ポップ路線から一転、当時流行りのグランジ的な轟音ギターを全編にフィーチャーした大傑作アルバム。個人的にはここから彼らの前作を始め様々なパワー・ポップ名盤をさかのぼり、別系統で追 […]

もっとみる

7. Def Leppard – Hysteria

いわゆるNWOBHMの代表的バンド、デフ・レパードの4枚目のアルバム。彼らを聴き始めたきっかけ自体は、当時ヒットしていたこの次のアルバム『Adrenalize』なのだけど、そちらは今聴くと若干恥ずかしい感じのするやたらテ […]

もっとみる

6. Hothouse Flowers – Home

U2のボノが設立したレーベルからデビューした(最初の7インチだけですが)、アイルランドのフォーク・ロック・バンド。U2を聴いたのは地元のレンタルCD店で借りたのが最初だったのだけど、彼らもその同じ店で、U2がオススメする […]

もっとみる

5. U2 – The Joshua Tree

それまで半ばお勉強のように60年代や70年代の音楽を順番に聴いていた自分が初めて好きになった、リアルタイムで活動している(既に死んだり解散したりしていない)アーティストの、最初に好きになったアルバム。何となくこの次に出た […]

もっとみる

4. The Jesus and Mary Chain – Honey’s Dead

わたしは年に数回ジザメリをひたすら聴き続ける奇病にかかる体質なのですが(最近は頻度減ったけど)、そのきっかけとなった彼らのオリジナルとしては4枚目のアルバム(『キスは罠』を含めると5枚目)。 専門学校時代、友人の山本くん […]

もっとみる

3. Ry Cooder – Boomer’s Story

ライ・クーダー1972年の3作目アルバム。自分の生まれた年でもあるので若干贔屓目はあると思うけど、名盤と言われるアルバムの制作年を見てみると1972年となってる事が多い、ような気がします。ストーンズ『メインストリートのな […]

もっとみる

2. Led Zeppelin – Led Zeppelin

最初のドアーズの次に買ったCD。いわずとしれたハードロックの始祖、レッド・ツェッペリンのデビュー・アルバム。 今考えるとビートルズとかストーンズじゃなくて、ドアーズやツェッペリンから聴いていこうと思ったのは何でなのか、さ […]

もっとみる

1. The Doors – The Doors

人生で初めて自分の意志で買ったアルバム。たしか、実家近所のイトーヨーカ堂に入ってた新星堂でCDを買ったような記憶。時期的には高校卒業した後くらいだったと思うので、19か20歳の頃かな。 当時は音楽ってものにさほど興味がな […]

もっとみる

このサイトについて

オンライン上で(最近はオフラインでも)おじきと呼ばれる事の多い、Webの仕事で暮らしているおじさんがやっている(いた)ブログです。 長年MovableTypeでブログを構築して細々と運営していましたが、数年前から更新も途 […]

もっとみる